営業時間:10:00~18:00 / 定休日:火・水曜日
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages

ポルシェ356A

INFORMATION

スペック情報

年式 1959年
カラー ブルー
内装 タン
走行距離 不明
装備 4速マニュアル、左ハンドル、スポーツシート
PRICE SOLDOUT

DESCRIPTION

レビュー

ポルシェ356Aクーペをご案内致します。

 ポルシェ356は戦後のポルシェ復興の足掛かりとなったモデルで、フェルデナント・ポルシェ博士の息子、フェリー・ポルシェを中心としたスタッフにより開発されました。ワーゲンのシャシーを応用した軽量・コンパクトなスポーツカーとして1950年代初頭から本格的に量産され、その後1955年に大きなモデルチェンジを受けたのが、356Aというモデルです。ボディータイプはクーペと、オープンモデルはカブリオレ、スピードスター、コンヴァーティブルDと呼ばれる3種類が存在しました。現車はT2ボディーと呼ばれる356A中でも後期のタイプで、59年に製造、アメリカで販売された車です。

 エンジンは1600㏄、空冷フラット4を搭載。60馬力のパワーは、軽量なボディーと相まって必要にして充分です。俊敏なアクセルレスポンスは356ならでは。低速域から高回転まで、スムーズかつリズミカルな排気音で運転するのが楽しくなるエンジン特性はさすがとしか言いようがありません。しかも、水を持たない空冷エンジンは整備性も大変優れており、定期的に簡単なメンテナンスを施していればいつも好調さを保ってくれます。当車両もそんな1台で、エンジン・ミッションについても当面心配ないコンデションと言えます。

 内装はタンのレザーで、ブルーのボディーカラーとのマッチも中々魅力的です。ロイター社製のボディーは現在でも良好な状態を保っており、内装を含めて一通りのコンデションもまずまずと言えます。
スポーツシートが備わっていますが、オリジナルのシートも付属しています。クーペのボディーはデザインの割には室内空間も広く決して窮屈さを感じさせる物ではありません。従って近距離のドライブからツーリングはいうに及ばず、日常の使用にも充分対応できる気軽さをも併せもっています。

 当車両は平成7年に日本に来てから歴代オーナーに大切にされてきたクルマです。356Aクーペに限らず、ポルシェ356シリーズを日本でお乗りになる事で言えば、近所の買い物から休日のドライブ、ラリーイベントなど実に様々な場面で使えるヴィンテージ・カーの代表格だと思います。勿論、クーラーは装備されていませんが、ステアリングも軽く、クラッチ、ミッションの操作も軽くて操作し易いので、女性にだって充分ドライブが可能です。荷物も二人で小旅行であれば積み込めるスペースもあります。長距離走行も苦にならないクルマで、高速道路を100キロ~120キロで巡航できるのは、さすがポルシェです。おまけに燃費も悪くなく、通常でも1リッター当り10キロ前後走ります。排気量も1600ccと少なく、税金や保険料の負担も少ないので、セカンドカーとして所有するには最適なクルマと言えるでしょう。いつでも気軽に乗れて、大きさも手ごろであり市街地であっても所有するのが苦にならないのが人気の秘密かもしれません。

CONTACT

お問い合わせ

下記の内容で送信します。

お名前
お名前が入力されていません。
メール アドレス
※受信拒否などの設定をご確認の上、ご利用下さい。
メールアドレスが入力されていません。
ご連絡先
 
ご連絡先の入力はありません。
お問い合わせ内容
お問合せの内容が入力されていません。
Sending..
お名前
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容