営業時間:10:00~18:00 / 定休日:火・水曜日
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages
productimages

フォルクスワーゲン ・タイプ1

INFORMATION

スペック情報

年式 1967 年
グレード 正規輸入車
カラー ブルー
内装 アイボリー・レザーレット
走行距離 不明
装備 ヤナセデイーラー車、4速マニュアル、右ハンドル
入庫状況 入庫済み
PRICE ASK

DESCRIPTION

レビュー

1967年式のVWビートルが入庫致しました。
 
 戦後、ドイツ復興の先駆けとなり外貨獲得の大きな原動力となったVWワーゲンについて、今更ご説明の必要もないかも知れません。
 かのアドルフ・ヒトラーの肝入りでポルシェ博士が以前より抱いていた国民車の構想を実現するべく生み出されたVWビートルですが、本当の成功は終戦後、イギリス軍の管轄下おかれたVW社がアイヴァン・ハースト少佐の理解ある判断により再復興を成し遂げたことに始まります。その後、VWビートルの2千万台以上の総生産数は、自動車史上最も大量に生産されたクルマであり、今後もそれを超える物はあり得ないと言われています。
 ハースト少佐の先を見据えた見識と温情により、ドイツの雇用を生み出し復興を助け、現在のVW社の成功はもとより、VWビートルのロイヤリティを享受できたポルシェ社をも助けたことになります。まさにハースト少佐は戦後ドイツの自動車産業にとって大変な功労者と言えます。
その後、順調に販売を重ねていったVWビートルですが、1964年には既に1千万台を突破するほどの勢いを見せており、アメリカを含む世界中で愛された大衆車となりました。

 エンジンは空冷4気筒OHVで、1.5Lの排気量を持ち低速からトルクを発揮するタフな性能を有しています。古いビートルでもメンテナンスは至って楽です。パーツは安いし、即入手可能なものばかりで、維持するにあたり気楽に楽しめるのが特徴です。1967年より排気量が1.5Lに拡大されて、より一層乗り易くなり、街中から高速道路迄気軽に楽しめるクルマとなりました。
 この1967年式は、翌年からテールランプの形状が俗にアイロンテールと呼ばれるタイプに代わり、バンパーもプレス型に変更されてその他にもヘッドライトや、ホイールなども変更を受けてしまいますので、クラシカルなスタイルを持った最後のモデルとして、取り分け人気があるのです。

 勿論、既に12V仕様になっていますので、夜間や雨天時の走行なども不安はありません。インテリアはオリジナルのままです。メーターパネルのみアレンジされています。合皮のシートは使用感はありますが、今でも大変良好な状態を維持しています。エンジン/ミッションも好調そのもので何の不安もありません。サンルーフも装備されています。

 当車両は、昭和42年に神戸ヤナセにより販売された1台です。新車で購入されて以降、40年以上大切にされてきたクルマです。ボデイーの塗装もまだまだ充分このままお乗り頂けるコンディションです。マニアからビギナーまで、幅広いクルマ好きの方々にお乗り頂けるタイプ1ビートルです。

是非一度、現車をご覧ください。


CONTACT

お問い合わせ

下記の内容で送信します。

お名前
お名前が入力されていません。
メール アドレス
※受信拒否などの設定をご確認の上、ご利用下さい。
メールアドレスが入力されていません。
ご連絡先
 
ご連絡先の入力はありません。
お問い合わせ内容
お問合せの内容が入力されていません。
Sending..
お名前
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容